忍者ブログ
アウトドアライフ!MSRテント、ヒルバーグテント、ニーモテント、パタゴニア、イグルー
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はこのポールトレーニングについて説明しましょう。
技術の上手を目指す練習法として、ポールトレーニングがあげられます。
レースに出る出ないということは別にして、このポールトレーニングは上達が早くなること間違いなしです。

ポールトレーニングがなぜ上達につながるかと言いますと、ポールという目標物ができることによってターンのきっかけがうまく作れますし、それにより上体が安定しやすくなるからです。
このトレーニングは体力がかなり非常に必要となりますが、滑れば滑るほど正しい判断ができるようになりスキー技術が身に付きますので、上級者だけではなく中級者にもお勧めです。

滑る時の基本としては、常にポールとポールの中間点でターンのきっかけをつかみましょう。
この基本を身につけないで滑りますと、スムーズに通ることはとても難しいです。
慣れないうちはよく転んでしまうでしょうが、これはポールにばかり気をとられてしまい肝心のターンがおろそかになってしまっているからです。
ですから、ターンのきっかけを中間点で作るということをきちんと頭に入れておきましょう。
それさえ忘れなければ、最短距離を通過したとしても体を入れるスペースをきちんと残すことができます。

滑り方(踏みかえターン)のポイントを紹介しましょう。

1、上体をしっかりと腰に乗せましょう。
山周りの右ターンでポールを滑りぬけましょう。

2、上と下のポールの中間点でしっかりとターンのきっかけを作りましょう。
この場合、左スキーを持ち上げた状態で右スキーへ体重を移動させましょう。
きっかけがずれてしまうとかなりのタイムロスとなりますから注意しましょう。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(10/03)
プロフィール
HN:
sukii
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R