忍者ブログ
アウトドアライフ!MSRテント、ヒルバーグテント、ニーモテント、パタゴニア、イグルー
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワクワクと踊る気持ちと慣れないことへの恐怖を抱えながらの初心者から、何度も転んだ痛みと、上達につれて達成感も
味わって楽しさも感じ、少しの余裕を持ち合わせる中級者となり、そして自由に滑走でき、初心者への指導すらできるよう
になって自信もついた上級者へと成長しますと、挑戦したくなることのひとつに、コブが挙げましょう。
ゲレンデに数多く存在するコブの滑り方についてご紹介しましょう。
コブが下手という人もいれば、コブがなければ滑る意味がないというほどコブ好きの人もいるでしょう。
そもそも、コブとは何でしょうか。今回はコブについてご紹介してきます。

コブは自然にできたもので、常に形を変えていきますから同じ形のものはふたつとないでしょう。
一番の敵は自分自身の恐怖感と言っても過言ではないでしょう。
それゆえに毎回違う感覚を味わうことができるのです。
さてこの「コブ」という名前ですが、コブとはコブ斜面とも言います。
滑る方々によりゲレンデがえぐれていき、それにより小さな出っ張りができ、これがコブとなります。
コブの凸凹を場所で分けますと、腹、頭、溝となります。

腹は、側面のことでスピードをコントロールする非常に必要がある場所です。
頭が、コブの一番高い場所でスキーの向きを変えやすい場所です。
溝は、凸と凹の間の側溝部分のことで思い切りターンをすることは難しい場所です。

では、次回からコブの滑り方についてご紹介していきましょう。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(10/03)
プロフィール
HN:
sukii
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R